ティーテックの漏水・雨漏り診断とは?|東京近郊のビル・マンションの「漏水・雨漏り」「防水」診断・工事ならティーテック

ティーテックの漏水・雨漏り診断とは?

「見える原因」から「見えない原因」まで

防水・漏水工事の成功には、(1)診断 漏水・雨漏りがいつ・どこで・何が原因で起きたのかを明確にする(2)工事 最適な下地処理と防水・漏水工事を行う この2工程を確実に行うことが重要です。

[画像]「見える原因」から「見えない原因」まで

漏水・雨漏りは建物内外部の「見える原因」「見えない原因」が複雑に絡み合っていることが多々あります。
ですから、調査段階で「ここから雨が入っているので、ふさぎましょう」というシンプルな診断では不十分なことも多く、すぐに漏水・雨漏りが再発してしまうケースもあるのです。

建物状況に応じた段階別診断

[画像]一級技能検定合格証書

ティーテックでは、防水・漏水の専門家である防水施工技能士やコンクリート診断士、建築のプロである一級建築士が、建物の劣化度合いや漏水・雨漏りの発生状況に応じて段階別に診断を行い、見逃しのない徹底した原因究明を行っています。

一次調査→建物の状態を正確に把握します
  • 建物の形状
  • 建物の築年数
  • 建物の用途・入居および利用状況
  • 立地条件・周辺環境
  • 設計図面・補修履歴などの記録
  • 漏水・雨漏り発生時の状況(日時・天候など)
  • 建物の劣化の有無・程度
入居者様や管理会社様など関係者の方々にお話を聞き、設計図面など各資料を確認し、実際の劣化状況を目視で確認しつつ、建物がどのような状況にあるのか全体像を把握します。
二次調査→建物内部の様子を調査
  • 可能な範囲での打診
  • 可能な範囲でのひび割れなどの調査
  • 可能な範囲での構造部の確認
一次調査に加えて、建物内部の状況を確認するのが二次調査です。
足場などの特殊な設備を用いずに行います。
三次調査→設備機器を用いて内部を詳細に把握
  • 足場を設けての打診・計測
  • 簡易破壊による内部状況の把握
一次調査・二次調査の内容に加えて、特殊な設備や一部破壊などによって、本格的に建物の内部状況を確認します。

雨漏り診断~工事完了の流れはこちら

【株式会社ティーテック】お電話でのご相談、調査依頼は TEL:03-3863-7703 メールでのご相談、調査依頼は24時間受付中