見積もりについて


ティーテックが見積もりの際に心がけていること

ティーテックでは、「現場診断なくして正しい見積もり・工事なし」をモットーに、入念な現場診断を行った」うえで適切なお見積もりを提出します。ここでは、当社の見積もりに関する方針と、そのように現場を診断するかについてご説明します。

見積もりには現場診断が必須

工事費用の見積もりは、実際に現場まで足を運び、建物全体の状況や外部・内部の詳細な劣化度合などを調査する必要があります。そのため、お電話などでの状況説明では、目安となるだいたいの費用しかお伝えできません。

仮にアバウトな診断と見積もりのまま工事を進めてしまうと、「追加費用が発生する」「診断ミスにより不適切な工事ですぐに漏水が起こる」「防水性が低下する」といったリスクの発生が考えられます。そのため、「現場診断なくして正しい見積もり・工事なし」という当社の方針を、お客様にご理解いただければ幸いです。

総合的な判断と診断が重要

漏水・雨漏り、防水工事においては建物全体の状況を把握することが重要です。漏水箇所やひび割れなど「わかりやすい」状況はもちろん、それ以外の劣化箇所や工事が必要な箇所を見つける必要があります。

当社には、防水施工技能士やコンクリート診断士といった防水・漏水の専門家以外にも、建築構造全体に精通する一級建築士も在籍。各分野の「プロ」が、建物を外部と内部からしっかり把握し、正確な原因究明と適切な工事プランのご提案に尽力いたします。

わかりやすい説明を徹底

当社では、お客様にご提出したお見積もりと工事プランについて、担当者がわかりやすくご説明します。少しでも気になる点がありましたら、遠慮なくご質問ください。